外壁塗装・屋根・リフォーム・大規模修繕工事ならジャパンライフエイト!埼玉県 所沢市の外壁塗装業者
ジャパンライフエイト
AGC認定施工店!埼玉県所沢市の外壁塗装のことなら㈱ジャパンライフエイト!東京・埼玉・千葉近郊の外壁塗装・屋根塗装・リフォームのことなら弊社にお任せください。確かな信頼と実績。充実の保証で納得のリフォームを提案致します。

メールフォーム

ルミフロン

ルミフロン

ルミフロンとは

ルミフロンは、AGC株式会社(旧旭硝子)が開発したフッ素樹脂です。
建築塗料に使用できるフッ素樹脂としては、1982年に世界で初めて商品化されました。

このページではルミフロンについて詳しく解説いたします。

ルミフロンは世界初の溶剤可溶性フッ素樹脂

一般的なフッ素樹脂は溶剤にほとんど溶けません。
しかしルミフロンはFEVE構造という特殊な構造をもつため、各種溶剤に溶かすことができます。
また、従来の塗料用フッ素樹脂は常温での乾燥・硬化が困難でした。対してルミフロンは常温で乾燥や硬化ができるため、塗装の可能性を大きく広げました。

ルミフロンは様々な溶剤に対応した種類があり、幅広い性能を発揮します。

ルミフロンは紫外線に強い

フッ素樹脂は、従来の他樹脂に比べて耐候性が高いものとして知られます。
フッ素樹脂の中でもルミフロンは元素が【交互共重合体】を主鎖に持つため非常に紫外線に強く、塗装したものを長期間保護します。
交互共重合体とは、フッ素モノマーと、フッ素モノマー同士をつなぐ架橋剤が交互に均一に配列されている構造を指します。
この交互共重合体は、従来の不均一な配列に比べて紫外線への耐久性が非常に高い特徴を持ちます。
塗料に使用されるフッ素樹脂の中で交互共重合体を主鎖に持つ3F系のフッ素樹脂はルミフロンだけ。
ルミフロンはフッ素樹脂の高い耐候性を長期間維持します。
交互共重合体図説

ルミフロンが配合された塗料ルミステージ

ルミフロンを配合した外壁用フッ素塗料ルミステージは下記ページで紹介しています。
ルミステージ


▲ページTOPへ戻る