ホーム > 屋根塗装 > タスペーサー

 タスペーサーの役割り

タスペーサーの役割り

ストレート屋根(商品名:コロニアルやカラーベスト)の塗装における標準工事の内容になっております。こちらではそのタスペーサーの役割についてご紹介していきます。

縁切り

縁切り

屋根材と屋根材の間はもともと隙間が空いてまして、屋根の塗装をするとそこが全て塗料により塞がってしまいます。従来は、その塗料で塞がってしまった屋根材と屋根材の間にカッターやスキなどで切って塗装後の隙間を確保していました。その作業を縁切りと呼びます。

縁切り
縁切り
縁切り
縁切り

屋根材の隙間の重要性

屋根材の隙間の重要性

隙間を確保する目的としては、基本的に雨水は屋根の中へ入りにくい構造になってますが、どうしても想定外の強い風雨では屋根の内部へ雨水が入ることがあります。隙間が塞がっていると、その雨水が排出されなくなってしまいます。また屋根の内部で結露が起こった場合にも同じことが言えます。それらを放っておきますと溜まった水分が屋根の内部を痛めたり、雨漏れの原因へと繋がります。

屋根材隙間なし

縁切りのデメリット

縁切りのデメリット

縁切りの作業は固い塗膜を一枚一枚切っていく作業で、時間と手間が掛かっていました。また十分に配慮していても勢い余って屋根材を傷つけてしまったり、また塗料の再密着が起こってしまう点。さらに毛細管現象という雨水などの水分が逆流して吸い込まれる現象が起こってしまう点で問題点がありました。

タスペーサーのメリット

タスペーサーのメリット

それらの問題を解決したのがこのタスペーサーになります。
従来の縁切りと比べて作業時間の短縮により縁切りよりもコストダウンになりました。
また程よく隙間が確保され、屋根の内部に入ってしまった水分が排出されるようになり、さらに毛細管現象の抑制にもなります。
これらのメリットを考え、当社ではタスペーサーを標準工事として取り入れております。

タスペーサー
タスペーサー
タスペーサー
タスペーサー

以前、塗装されたことがあるお客様へ

以前、塗装されたことがあるお客様へ

過去に当社とは別の業者で屋根塗装をされたことがあり、2回目以降の屋根塗装ということで当社にご依頼頂くお客様もいらっしゃいます。実際にお客様の屋根の状況を確認させて頂きますと、前回の工事分で縁切りされていない事が判明してしまうケースが少なからずあります。
そのような状態の上に塗装しても隙間を確保できませんので、その場合、まず隙間を確保する為に縁切りし、タスペーサーを差しこみ、塗装させて頂いております。

屋根材隙間なし
お問い合わせフォーム

メールでのお問い合わせ

こちらをクリック