内窓

もったいない!せっかく暖房で暖めた空気が窓から逃げていますよ!

快適な家、健康的な家

ご存知でしたか?
例)冬の暖房時に熱が<窓>から逃げる割合

図の数字からわかるように、窓の改善が暖房の効率アップと節約につながり、さらには、省エネ・温暖化対策となります。そして、この「窓の断熱」には2つの方法があります。

①内窓(二重窓)の取付リフォーム
②ガラスの交換リフォーム

もっと早く二重窓にしておけばよかった!
お部屋にこんな悩みはありませんか?
◆外の車や電車の音がうるさい。
◆冬に暖房の効きが悪く、光熱費がかかる。
◆結露がひどく、びしょびしょになる。
◆夏に冷房が効きにくく、部屋の温度が下がらない。

良い解決方法は内窓(二重窓)を付けることです。
防音から省エネ、結露防止、温暖化対策にもなる窓リフォーム。特に省エネ効果は、国からの補助金が出る断熱・省エネ工事として認められています。

今付いている窓はそのままで、新たに樹脂製内窓(二重窓)を付けます。
内側に開くタイプの窓には取り付けることはできませんが、それ以外は、ほとんどの窓に取り付けることができます。最近では、出窓に取り付けるお客様が多くなっています。取付は短時間、大掛かりな工事ではありません。しかし、その内窓(二重窓)効果は抜群です。

特にマンションではガラスをペアガラスに交換することは管理組合にダメと言われることが多いので、内窓(二重窓)なら大丈夫。

また、ガラスの上に換気用のガラスの小窓が付いている場合がありますが、これも気密を悪くしていますので隙間風が入る原因の一つです。そんな場合も内窓(二重窓)で解決しましょう。

築年数の長い建物は窓自体の性能が低く、手をかざすと隙間風を感じることがあります。これらの症状にも内窓(二重窓)が有効です。
最新の内窓(二重窓)は気密性能が高いからです。

色も何種類かありますので、お好きな色をどうぞ。お部屋のイメージチェンジにもなります。
かつて必ず付けた出窓、これも外に出ているので色々と問題があります。
冬はかなり寒く感じますし、結露が発生していることも多いのです。最近ではこの出窓に内窓を付けるお客様が増えています。出窓の内側はほとんどの場合、内窓(二重窓)が付けられます。

このように内窓(二重窓)は、たくさんの効果が期待できます。だから、施工したお客様の満足度も高いのです。
たとえば、防音対策で内窓(二重窓)を取り付けたお客様には、冬の暖房の効きがよくなったと喜ばれています。
暖房費の(電気・灯油代)の節約効果も期待できます。
反対に、寒さ対策で取り付けたお客様には、お部屋が静かになったと防音効果に喜ばれています。最近では、ご近所様を紹介してもらったりと内窓(二重窓)の良さがどんどん広まっています。

内窓が作る空気層

さらに、浴室用の内窓も新たに登場!!
一番寒さを感じやすい浴室に内窓を取り付けて快適なパスタイムに!

浴室

浴室に内窓を取り付けると、ヒートショックを和らげ、思わぬ事故を未然に防ぐことができます。

 内窓(二重窓)の特徴①

「樹脂製」がポイントです!
アルミではなく、樹脂でできている内窓をおすすめしています。
アルミは、「熱伝導率」が高い素材なので、熱がとても伝わりやすいのです。だから、お鍋にも使われているんですね。

アルミと比べて樹脂は、熱伝導率が低い素材で、熱の伝わりがとても低いのです。樹脂の熱伝導率はアルミの1000分の1と言われています。お鍋の把手や、ふたの持つところが樹脂でできているのは、そのためです。

では、熱が伝わりにくいと何がいいのか?
例えば、冬、外窓のアルミサッシ。アルミの部分を触ってみてください。とても冷たくなっています。寒さで冷やされ、それが内側まで伝わってきているのです。

でも、樹脂なら、冷たくなりにくいです。だから、北海道など寒冷地では、外窓も樹脂を採用しています。また、海外でも樹脂製の窓は普及しているそうです。樹脂の部分が冷たくならないということは、結露が発生しにくいということです。これは、とても大事な点です。

そしてもうひとつ、樹脂でできた内窓のメリットがあります。 アルミというと、少しイメージ的に「冷たい」「シャープ」な印象がありませんか? 反対に、樹脂はとてもやわらかい、あたたかい印象を与えます。ですから、室内側につけてもあまり冷たい印象にならず、インテリア性も高いのです。

窓

取り付け例です。木調カラーもあり、やわらかな印象を与えます。これも樹脂ならではのメリットです。

 内窓(二重窓)の特徴②

目的と予算によってガラスを選べます!
内窓は、「内窓樹脂部材」と「ガラス」によって構成されています。
リクシルの「インプラス」、YKKAPの「プラマードU」は、内窓樹脂部材です。これに、さまざまな種類のガラスを組み込んで、内窓完成品となります。
この「ガラス」選びがとても重要なのです。

まず、防音対策。
この場合は、「防音合わせガラス」を組み込むのが効果的です。
音の問題は、かなりデリケートですので、「必ず静かになります」とは言えません。
でも、「防音合わせガラス」を組み込んだお客様から、「期待外れでした」という感想は聞いたことがありません。
予算的に「防音合わせガラス」を諦め、「一般6ミリガラス」を入れた場合は、「期待外れ」という声をいくつかいただきました。
ですから、極力、「防音合わせガラス」を採用していただくようにしています。

次に、結露対策なら、高断熱ペアガラスや真空ガラススペーシアがおすすめです。 この場合も、予算の関係で「一般5ミリガラス」や「一般ぺアガラス」を選ぶお客様もいらっしゃいます。
ガラス単体の性能の違いを考えたら、効果はかなり差があります。予算的に厳しい場合は、窓ひとつひとつの状況を考慮して、「ここは特に結露がひどいから真空ガラス、ここは一般ペアガラス」というふうに検討してみてください。

エコノミータイプと推奨タイプ、2通りでお見積りすることもできますので、見積りに関しては、気軽に相談してください。

 内窓(二重窓)の特徴③

全てオーダーメイドでピッタリ取り付けます!
一窓一窓、ぴったり合わせて製作します。但し、部材は製作可能なサイズが決まっていますので特に大きなものや小さなサイズのものは製作できない場合があります。
経験豊富な当社の取付けスタッフが、複雑な工事でも知恵をしぼって対応しています。
他の会社で断られた工事でも、当社ならできることもあります!!

作業風景

 内窓(二重窓)の特徴④

意外と簡単な工事が人気のポイント!
特に複雑な工事でない限り、一窓あたり、1時間程度で終了。工事が早くて、驚かれるお客様が多いです。 また、室内側の工事なので、雨でも工事ができます。

悩みは窓の寒さ・結露
毎年冬になると、「窓のまわりが寒い」、「結露がひどい」という相談を数多く受けます。
長い間ずっと、寒さや結露を我慢している方も多いですね。
特にご高齢の方、寒さを我慢するなんてよくありません。
「窓」を改善すれば、驚くほど「寒さ」がかわります。それくらい「窓」から熱が逃げているのです。我慢しないで、気軽にご相談ください。
きっと、お役にたてます!

窓全体の結露対策と寒さ対策
ガラス面だけでなく、アルミの部分の結露も 気になる場合におすすめです。
内窓の気密性能が高いので、外の寒い空気が入りにくく、暖房で暖めた空気を逃がしにくい。
寒さ対策にも効果バツグンです 。
もちろん、夏も同様に、冷房で冷やした空気を逃がしにくくします。

窓寒さ対策

結露のこわさ
結露は、こわいものです。
結露がひどくなると、窓のまわりや壁、カーテンなどにカビが発生します。
カビが発生すると、カビを食べるダニが発生します。このカビやダニがアレルギーやアトピーを引き起こすと言われています。

気付かないうちに、カビの胞子やダニの糞が体に入ってしまいます。 これは、とてもこわいことです。

特に、小さなお子さんがいるご家庭では、とてもご心配なのではないでしょうか? 健康のためにも結露対策が必要です。

そして、「住まいの健康」。
結露がすすむと、住まいに使われている建築材料さえも腐らせてしまいます。

結露には、こんなこわさがあるのです。

結露を完全になくすのは、難しい!
結露や寒さ対策で内窓を取付けたお客様の 満足度はとても高いです。
寒さと結露の解消だけでなく、電気代、灯油代の節約にもなったという喜びの声を多く頂きます。

それでも時々、特に激しい結露のお宅があります。
湿気の多さ、外窓の断熱性能が低いなど、さまざまな要因が重なっているのだと思われますが、内窓を取付けても、断熱性能の高いガラスを組み込んでも、期待より結露が改善されないこともあります。 とてもまれですが・・・
もともとの地質(湿気が多い)が影響していることもありますが、地質まではどうにも変えられません。

私たちも、できる限り対応しておりますが、100%なくすことはとても難しいので、その点はご理解をいただければ幸いです。

まずは、湿気を出さない暮らし方と、換気を実践することが大切です。 そういったことも併せてトライしてください。

 ポイントは、ガラス選び!

内窓のポイントは、ガラス選びです!!
内窓の効果を上げるには、ガラスが決め手。窓ごとに、ガラスを選んでください。

①防音合わせガラス 日本板硝子「ソノグラス」
防音対策なら、やっぱりこの防音合わせガラス「ソノグラス」がおすすめ。防音効果のある特殊な中間膜が挟み込まれた合わせガラスです。厚みは、約6.8ミリ。厚みがある分、ガラスの重量は増えます。内窓(二重窓)の開閉が少し重く感じることがありますので、大きな窓の場合、頻繁に開け閉めする窓は注意が必要です。

日本板硝子「ソノグラス」

②一般ペアガラス 日本板硝子「ペアマルチ」
一般的なペアガラスです。プラマードU・インプラスに組み込む場合、空気層は12ミリとれます。空気層12ミリタイプは、断熱効果があがりますのでおすすめです。

日本板硝子「ペアマルチ」

③遮熱ペアガラス 日本板硝子「ペアマルチ レイボーグ」
室外側がLOW-Eガラスです。プラマードU・インプラスに組み込む場合、空気層は12ミリとれます。遮熱タイプなので、西日が強い窓や紫外線が気になる窓におすすめです。

日本板硝子「ペアマルチ レイボーグ」

④真空ガラス 日本板硝子「スペーシアST」
断熱性能バツグンの、高性能ガラス「スペーシア」。寒さ、結露対策なら、STⅡ(スタンダード)タイプ。西日対策も合わせて期待する場合は、ES(イーエス)タイプ。

日本板硝子「スペーシアST」

⑤和紙調ガラス 日本板硝子「妙」
和室に内窓を取付ける場合におすすめ。組子をつけて、和障子のような仕上がりになります。  但し、シングルガラスなので性能は劣ります。寒さ対策、結露対策には「ペアガラスタイプの和紙調ガラス」をおすすめしますが、ペアガラスタイプの場合、組子は付きません。下の写真は、シングルガラスのため組子が付けてあります。

日本板硝子「妙」

 後付け内窓(二重サッシ)に関するQ&A

Q1.どの窓にも取付け可能ですか?
開閉が内側になる窓、内開き窓や内倒し窓には取付けできません。その他の場合は、現状を見せていただいて、最終的な判断をします。大きく窓がゆがんでいる場合は、効果が期待できませんので、お断りする場合があります。まずは、窓を見せてください。

Q2.注文したらどのくらいで工事が完了しますか?
内窓の納期、およびガラスの製作納期は約2週間です。工事日は、打ち合わせによりますが、希望の曜日がある場合は、お早めにお知らせください。 
特に、土曜日を希望されるお客様は、お早めに。

Q3.工事時間はどのくらいですか?
特に問題がなければ、一窓あたり1時間くらいです。事前におおよその工事時間をお知らせします。

Q4.「ふかし枠」って何ですか?
内窓を取付けるためには、外窓の内側に「取付けスペース」が必要です。7cm以上のスペース(奥行き)が必要になりますが、7cmが確保できない場合は、「ふかし枠」という部材を使ってスペースを作ります。

Q5.注意することはありますか?
この商品は、気密性能が高いため、開閉が通常の窓に比べると重く感じます。また、組み込むガラスの厚みによって、さらに重く感じることもあります。ご高齢の方や、お子様には開閉が困難な場合があります。
また、ビスで取付けますので、賃貸物件の場合は、管理の方への確認が必要です。

お問い合わせフォーム



もったいない!せっかく暖房で暖めた空気が窓から逃げていますよ!

快適な家、健康的な家

ご存知でしたか?
例)冬の暖房時に熱が<窓>から逃げる割合

図の数字からわかるように、窓の改善が暖房の効率アップと節約につながり、さらには、省エネ・温暖化対策となります。そして、この「窓の断熱」には2つの方法があります。

①内窓(二重窓)の取付リフォーム
②ガラスの交換リフォーム

もっと早く二重窓にしておけばよかった!
お部屋にこんな悩みはありませんか?
◆外の車や電車の音がうるさい。
◆冬に暖房の効きが悪く、光熱費がかかる。
◆結露がひどく、びしょびしょになる。
◆夏に冷房が効きにくく、部屋の温度が下がらない。

良い解決方法は内窓(二重窓)を付けることです。
防音から省エネ、結露防止、温暖化対策にもなる窓リフォーム。特に省エネ効果は、国からの補助金が出る断熱・省エネ工事として認められています。

今付いている窓はそのままで、新たに樹脂製内窓(二重窓)を付けます。
内側に開くタイプの窓には取り付けることはできませんが、それ以外は、ほとんどの窓に取り付けることができます。最近では、出窓に取り付けるお客様が多くなっています。取付は短時間、大掛かりな工事ではありません。しかし、その内窓(二重窓)効果は抜群です。

特にマンションではガラスをペアガラスに交換することは管理組合にダメと言われることが多いので、内窓(二重窓)なら大丈夫。

また、ガラスの上に換気用のガラスの小窓が付いている場合がありますが、これも気密を悪くしていますので隙間風が入る原因の一つです。そんな場合も内窓(二重窓)で解決しましょう。

築年数の長い建物は窓自体の性能が低く、手をかざすと隙間風を感じることがあります。これらの症状にも内窓(二重窓)が有効です。
最新の内窓(二重窓)は気密性能が高いからです。

色も何種類かありますので、お好きな色をどうぞ。お部屋のイメージチェンジにもなります。
かつて必ず付けた出窓、これも外に出ているので色々と問題があります。
冬はかなり寒く感じますし、結露が発生していることも多いのです。最近ではこの出窓に内窓を付けるお客様が増えています。出窓の内側はほとんどの場合、内窓(二重窓)が付けられます。

このように内窓(二重窓)は、たくさんの効果が期待できます。だから、施工したお客様の満足度も高いのです。
たとえば、防音対策で内窓(二重窓)を取り付けたお客様には、冬の暖房の効きがよくなったと喜ばれています。
暖房費の(電気・灯油代)の節約効果も期待できます。
反対に、寒さ対策で取り付けたお客様には、お部屋が静かになったと防音効果に喜ばれています。最近では、ご近所様を紹介してもらったりと内窓(二重窓)の良さがどんどん広まっています。

内窓が作る空気層

さらに、浴室用の内窓も新たに登場!!
一番寒さを感じやすい浴室に内窓を取り付けて快適なパスタイムに!

浴室

浴室に内窓を取り付けると、ヒートショックを和らげ、思わぬ事故を未然に防ぐことができます。

 内窓(二重窓)の特徴①

「樹脂製」がポイントです!
アルミではなく、樹脂でできている内窓をおすすめしています。
アルミは、「熱伝導率」が高い素材なので、熱がとても伝わりやすいのです。だから、お鍋にも使われているんですね。

アルミと比べて樹脂は、熱伝導率が低い素材で、熱の伝わりがとても低いのです。樹脂の熱伝導率はアルミの1000分の1と言われています。お鍋の把手や、ふたの持つところが樹脂でできているのは、そのためです。

では、熱が伝わりにくいと何がいいのか?
例えば、冬、外窓のアルミサッシ。アルミの部分を触ってみてください。とても冷たくなっています。寒さで冷やされ、それが内側まで伝わってきているのです。

でも、樹脂なら、冷たくなりにくいです。だから、北海道など寒冷地では、外窓も樹脂を採用しています。また、海外でも樹脂製の窓は普及しているそうです。樹脂の部分が冷たくならないということは、結露が発生しにくいということです。これは、とても大事な点です。

そしてもうひとつ、樹脂でできた内窓のメリットがあります。 アルミというと、少しイメージ的に「冷たい」「シャープ」な印象がありませんか? 反対に、樹脂はとてもやわらかい、あたたかい印象を与えます。ですから、室内側につけてもあまり冷たい印象にならず、インテリア性も高いのです。

窓

取り付け例です。木調カラーもあり、やわらかな印象を与えます。これも樹脂ならではのメリットです。

 内窓(二重窓)の特徴②

目的と予算によってガラスを選べます!
内窓は、「内窓樹脂部材」と「ガラス」によって構成されています。
リクシルの「インプラス」、YKKAPの「プラマードU」は、内窓樹脂部材です。これに、さまざまな種類のガラスを組み込んで、内窓完成品となります。
この「ガラス」選びがとても重要なのです。

まず、防音対策。
この場合は、「防音合わせガラス」を組み込むのが効果的です。
音の問題は、かなりデリケートですので、「必ず静かになります」とは言えません。
でも、「防音合わせガラス」を組み込んだお客様から、「期待外れでした」という感想は聞いたことがありません。
予算的に「防音合わせガラス」を諦め、「一般6ミリガラス」を入れた場合は、「期待外れ」という声をいくつかいただきました。
ですから、極力、「防音合わせガラス」を採用していただくようにしています。

次に、結露対策なら、高断熱ペアガラスや真空ガラススペーシアがおすすめです。 この場合も、予算の関係で「一般5ミリガラス」や「一般ぺアガラス」を選ぶお客様もいらっしゃいます。
ガラス単体の性能の違いを考えたら、効果はかなり差があります。予算的に厳しい場合は、窓ひとつひとつの状況を考慮して、「ここは特に結露がひどいから真空ガラス、ここは一般ペアガラス」というふうに検討してみてください。

エコノミータイプと推奨タイプ、2通りでお見積りすることもできますので、見積りに関しては、気軽に相談してください。

 内窓(二重窓)の特徴③

全てオーダーメイドでピッタリ取り付けます!
一窓一窓、ぴったり合わせて製作します。但し、部材は製作可能なサイズが決まっていますので特に大きなものや小さなサイズのものは製作できない場合があります。
経験豊富な当社の取付けスタッフが、複雑な工事でも知恵をしぼって対応しています。
他の会社で断られた工事でも、当社ならできることもあります!!

作業風景

 内窓(二重窓)の特徴④

意外と簡単な工事が人気のポイント!
特に複雑な工事でない限り、一窓あたり、1時間程度で終了。工事が早くて、驚かれるお客様が多いです。 また、室内側の工事なので、雨でも工事ができます。

悩みは窓の寒さ・結露
毎年冬になると、「窓のまわりが寒い」、「結露がひどい」という相談を数多く受けます。
長い間ずっと、寒さや結露を我慢している方も多いですね。
特にご高齢の方、寒さを我慢するなんてよくありません。
「窓」を改善すれば、驚くほど「寒さ」がかわります。それくらい「窓」から熱が逃げているのです。我慢しないで、気軽にご相談ください。
きっと、お役にたてます!

窓全体の結露対策と寒さ対策
ガラス面だけでなく、アルミの部分の結露も 気になる場合におすすめです。
内窓の気密性能が高いので、外の寒い空気が入りにくく、暖房で暖めた空気を逃がしにくい。
寒さ対策にも効果バツグンです 。
もちろん、夏も同様に、冷房で冷やした空気を逃がしにくくします。

窓寒さ対策

結露のこわさ
結露は、こわいものです。
結露がひどくなると、窓のまわりや壁、カーテンなどにカビが発生します。
カビが発生すると、カビを食べるダニが発生します。このカビやダニがアレルギーやアトピーを引き起こすと言われています。

気付かないうちに、カビの胞子やダニの糞が体に入ってしまいます。 これは、とてもこわいことです。

特に、小さなお子さんがいるご家庭では、とてもご心配なのではないでしょうか? 健康のためにも結露対策が必要です。

そして、「住まいの健康」。
結露がすすむと、住まいに使われている建築材料さえも腐らせてしまいます。

結露には、こんなこわさがあるのです。

結露を完全になくすのは、難しい!
結露や寒さ対策で内窓を取付けたお客様の 満足度はとても高いです。
寒さと結露の解消だけでなく、電気代、灯油代の節約にもなったという喜びの声を多く頂きます。

それでも時々、特に激しい結露のお宅があります。
湿気の多さ、外窓の断熱性能が低いなど、さまざまな要因が重なっているのだと思われますが、内窓を取付けても、断熱性能の高いガラスを組み込んでも、期待より結露が改善されないこともあります。 とてもまれですが・・・
もともとの地質(湿気が多い)が影響していることもありますが、地質まではどうにも変えられません。

私たちも、できる限り対応しておりますが、100%なくすことはとても難しいので、その点はご理解をいただければ幸いです。

まずは、湿気を出さない暮らし方と、換気を実践することが大切です。 そういったことも併せてトライしてください。

 ポイントは、ガラス選び!

内窓のポイントは、ガラス選びです!!
内窓の効果を上げるには、ガラスが決め手。窓ごとに、ガラスを選んでください。

①防音合わせガラス 日本板硝子「ソノグラス」
防音対策なら、やっぱりこの防音合わせガラス「ソノグラス」がおすすめ。防音効果のある特殊な中間膜が挟み込まれた合わせガラスです。厚みは、約6.8ミリ。厚みがある分、ガラスの重量は増えます。内窓(二重窓)の開閉が少し重く感じることがありますので、大きな窓の場合、頻繁に開け閉めする窓は注意が必要です。

日本板硝子「ソノグラス」

②一般ペアガラス 日本板硝子「ペアマルチ」
一般的なペアガラスです。プラマードU・インプラスに組み込む場合、空気層は12ミリとれます。空気層12ミリタイプは、断熱効果があがりますのでおすすめです。

日本板硝子「ペアマルチ」

③遮熱ペアガラス 日本板硝子「ペアマルチ レイボーグ」
室外側がLOW-Eガラスです。プラマードU・インプラスに組み込む場合、空気層は12ミリとれます。遮熱タイプなので、西日が強い窓や紫外線が気になる窓におすすめです。

日本板硝子「ペアマルチ レイボーグ」

④真空ガラス 日本板硝子「スペーシアST」
断熱性能バツグンの、高性能ガラス「スペーシア」。寒さ、結露対策なら、STⅡ(スタンダード)タイプ。西日対策も合わせて期待する場合は、ES(イーエス)タイプ。

日本板硝子「スペーシアST」

⑤和紙調ガラス 日本板硝子「妙」
和室に内窓を取付ける場合におすすめ。組子をつけて、和障子のような仕上がりになります。  但し、シングルガラスなので性能は劣ります。寒さ対策、結露対策には「ペアガラスタイプの和紙調ガラス」をおすすめしますが、ペアガラスタイプの場合、組子は付きません。下の写真は、シングルガラスのため組子が付けてあります。

日本板硝子「妙」

 後付け内窓(二重サッシ)に関するQ&A

Q1.どの窓にも取付け可能ですか?
開閉が内側になる窓、内開き窓や内倒し窓には取付けできません。その他の場合は、現状を見せていただいて、最終的な判断をします。大きく窓がゆがんでいる場合は、効果が期待できませんので、お断りする場合があります。まずは、窓を見せてください。

Q2.注文したらどのくらいで工事が完了しますか?
内窓の納期、およびガラスの製作納期は約2週間です。工事日は、打ち合わせによりますが、希望の曜日がある場合は、お早めにお知らせください。 
特に、土曜日を希望されるお客様は、お早めに。

Q3.工事時間はどのくらいですか?
特に問題がなければ、一窓あたり1時間くらいです。事前におおよその工事時間をお知らせします。

Q4.「ふかし枠」って何ですか?
内窓を取付けるためには、外窓の内側に「取付けスペース」が必要です。7cm以上のスペース(奥行き)が必要になりますが、7cmが確保できない場合は、「ふかし枠」という部材を使ってスペースを作ります。

Q5.注意することはありますか?
この商品は、気密性能が高いため、開閉が通常の窓に比べると重く感じます。また、組み込むガラスの厚みによって、さらに重く感じることもあります。ご高齢の方や、お子様には開閉が困難な場合があります。
また、ビスで取付けますので、賃貸物件の場合は、管理の方への確認が必要です。

お問い合わせフォーム