ホーム > リフォーム > リフォーム(ガラス交換)

 リフォーム(ガラス交換)

リフォーム(ガラス交換)

窓ガラスを複層ガラスに交換するなら
日本板硝子の真空ガラス「スペーシア」をお薦めします!

窓ガラスから伝わってくる外気を防ぐには、この真空ガラス「スペーシア」がおすすめです。

冬の冷たい空気や、夏の熱い熱はどうやって部屋の中に入ってくるのでしょうか?

外気の伝わり方は3つあります。
①物体の中を熱(冷たい空気)が伝わる「伝導」
②水や空気の流体によって起こる「対流」
③物体から発生する「放射」
この3種類による外気の窓からの侵入を、真空ガラス「スペーシア」は独自の構造で防ぐことがます! どうやって防ぐのでしょうか?

物体の中を熱が伝わる
①物体の中を熱が伝わる「伝導」

真空の中では熱が伝わらず、伝導は起こりません

流体によって起こる熱移動
②流体によって起こる熱移動「対流」

空気も水もない「真空」では対流は起こりません

物体から発生する熱エネルギーが他の物体へ移動する
③物体から発生する熱エネルギーが他の物体へ移動する「放射」

Low-E膜が放射を抑えます

2枚のガラスの間が<真空>、これがポイント!

真空ガラス「スペーシア」

真空ガラス「スペーシア」の特徴は、「ガラスとガラスの間が0.2ミリの真空層である」ことです。 ペアガラスと同じですか?とよく聞かれますが、ペアガラスの場合、ガラスとガラスの間は、「空気層」です。「真空層」と「空気層」、この違いはとても大きいのです。 なぜなら、真空は熱を伝えにくいという科学的原理があるからです。真空ガラス「スペーシア」は 熱が伝わりにくいので、寒さや暑さの影響を受けにくいのです。 例えば冬、暖房で暖めた暖かい空気を、外に逃がしません。一般的なシングルガラス(一枚ガラス)の場合、暖めた空気はどんどん外に逃げていきます。熱は暖かい方から、冷たいほうへと流れるからです。でも、真空ガラス「スペーシア」は、熱が伝わりにくいので、外が冷たくても暖めた熱が逃げていきにくいのです。また、外の冷たい空気も中に入りにくいです。

「Low-Eガラス」が放射を抑え、高い断熱性能を発揮します。

Low-Eガラスとは・・・ガラスに「Low-E膜」がコーティングされているガラスです。 「Low-E膜」とは、特殊金属で出来た膜で、高い断熱性能を発揮します。

真空ガラス「スペーシア」は、この「Low-Eガラス」が使われています。普通のペアガラスとはこの点も大いに違います。スペーシアは、真空層の働きとLow-E膜のダブル効果により、フロート板ガラスの約4倍、一般複層ガラスペアマルチの約2倍の断熱性能を発揮します。

真空+Low-E膜は、断熱だけでなく、遮音性にも力を発揮します。 透過損失測定値はJIS等級 T-2(30等級)をクリア、音域全体にわたる優れた防音性能を実現しています。

経済的にもエコノミーな「スペーシア クリアFit」が大好評!

クリアFitって何? スペーシアの標準タイプのダウングレード版です。 真空構造はスペーシアと変わりませんが、Low-E膜でコーティングされてません。その為「放射」による冷気の侵入を防ぐ効果ない点で標準のスペーシアより効果が劣りますが、その分、価格の面ではお求め安くなっています。 「真空層」は標準のスペーシアと何ら変わりませんので「南側に面している大きな窓」など、TPOに合わせてクリアFITをお選びいただくことをお勧めします。 どちらにするかお悩みの方はお気軽にご相談ください! 経験と実績でアドバイスさせていただきます。

真空ガラス「スペーシア」2

 真空ガラス「スペーシア」の効果

真空ガラス「スペーシア」の効果

最近では、「地球温暖化」の問題も注目されています。 真空ガラス「スペーシア」で、冷暖房の効率を上げ、無駄なエネルギーを減らす。これはとても意味のあることだと考えています。「地球にやさしいガラス」であることを知っていただきたい。

私たちは、そんな思いもこめてスペーシアのご紹介をしています。 最近では、「環境のことも考えて真空ガラスに決めました」と言ってくださるお客様も増えています。そんな言葉が聞けると、私たちも本当にうれしく思います。快適な暮らしのため、そして地球の未来のために真空ガラス スペーシアをぜひ知ってください!

第9回省エネ大賞受賞
省エネ大賞は、国土交通省の外郭団体である(財)省エネルギーセンターが主催しています。 資源やエネルギーの効率的な利用をテーマに、幅広ジャンルの中から省エネに優れていると認められたものが選ばれる、一年に一度の賞です。 真空ガラススペーシアは、第9回省エネ大賞、資源エネルギー庁長官賞を受賞しました。

省エネ建材等級 ガラスで最高ランクの★4つ

エコガラス

2008年4月からこの「省エネ建材等級」の表示が始まりました。真空ガラスは、最高ランクの☆4つです。星が多いほど断熱性能、省エネ性能が高いということです。

デモ機で分かる、スペーシアの性能
真空ガラススペーシアの性能が一目でわかるデモ機です。冬、ガラスの外側が、寒さで冷やされた場合を想像してみてください。コールドスプレーを使って、ガラスを冷やしてみます。

スペーシアの性能
①左がスペーシア、右は一般的なシングルガラスです。 共に表面温度は15.1℃

コールドスプレー
②ガラスの裏側にコールドスプレーをかけ、一気に冷やします。

表面温度
③右のガラスの表面温度がどんどん下がっていきましたが、スペーシアは、ほとんど変わらず。
スペーシア14.9℃
シングルガラス2.7℃
その差、12.2℃!!

この、デモ機を実際にお見せすると、みなさんビックリされます。 内側(スプレーをかけていない方)を手で触ってみると、一枚ガラスはとても冷えているのに、スペーシアSTは冷たくないのが感じ取れます。 触ってもらえるし、目で温度の差もわかる。下見の時にご希望の方には、このスペーシアのデモ機もお持ちします。みなさんも体験してください!

真空ガラス「スペーシア」の効果

お問い合わせフォーム

メールでのお問い合わせ

こちらをクリック