ホーム > リフォーム > リフォーム(内窓取り付け)

 リフォーム(内窓取り付け)

リフォーム(内窓取り付け)

もったいない!せっかく暖房で暖めた空気が窓から逃げていますよ!

快適な家、健康的な家
ご存知でしたか?
例)冬の暖房時に熱が<窓>から逃げる割合

図の数字からわかるように、窓の改善が暖房の効率アップと節約につながり、さらには、省エネ・温暖化対策となります。そして、この「窓の断熱」には2つの方法があります。

①内窓(二重窓)の取付リフォーム
②ガラスの交換リフォーム

もっと早く二重窓にしておけばよかった!
お部屋にこんな悩みはありませんか?
◆外の車や電車の音がうるさい。
◆冬に暖房の効きが悪く、光熱費がかかる。
◆結露がひどく、びしょびしょになる。
◆夏に冷房が効きにくく、部屋の温度が下がらない。

良い解決方法は内窓(二重窓)を付けることです。
防音から省エネ、結露防止、温暖化対策にもなる窓リフォーム。特に省エネ効果は、国からの補助金が出る断熱・省エネ工事として認められています。

今付いている窓はそのままで、新たに樹脂製内窓(二重窓)を付けます。
内側に開くタイプの窓には取り付けることはできませんが、それ以外は、ほとんどの窓に取り付けることができます。最近では、出窓に取り付けるお客様が多くなっています。取付は短時間、大掛かりな工事ではありません。しかし、その内窓(二重窓)効果は抜群です。

特にマンションではガラスをペアガラスに交換することは管理組合にダメと言われることが多いので、内窓(二重窓)なら大丈夫。

また、ガラスの上に換気用のガラスの小窓が付いている場合がありますが、これも気密を悪くしていますので隙間風が入る原因の一つです。そんな場合も内窓(二重窓)で解決しましょう。

築年数の長い建物は窓自体の性能が低く、手をかざすと隙間風を感じることがあります。これらの症状にも内窓(二重窓)が有効です。最新の内窓(二重窓)は気密性能が高いからです。

色も何種類かありますので、お好きな色をどうぞ。お部屋のイメージチェンジにもなります。
かつて必ず付けた出窓、これも外に出ているので色々と問題があります。
冬はかなり寒く感じますし、結露が発生していることも多いのです。最近ではこの出窓に内窓を付けるお客様が増えています。出窓の内側はほとんどの場合、内窓(二重窓)が付けられます。

このように 内窓(二重窓)は、たくさんの効果が期待できます。だから、施工したお客様の満足度も高いのです。
たとえば、防音対策で内窓(二重窓)を取り付けたお客様には、冬の暖房の効きがよくなったと喜ばれています。暖房費の(電気・灯油代)の節約効果も期待できます。
反対に、寒さ対策で取り付けたお客様には、お部屋が静かになったと防音効果に喜ばれています。最近では、ご近所様を紹介してもらったりと内窓(二重窓)の良さがどんどん広まっています。

内窓が作る空気層
お問い合わせフォーム

メールでのお問い合わせ

こちらをクリック