外壁塗装・屋根・リフォーム・大規模修繕工事ならジャパンライフエイト!埼玉県 所沢市の外壁塗装業者
ジャパンライフエイト
AGC認定施工店!埼玉県所沢市の外壁塗装業者なら㈱ジャパンライフエイト!東京・埼玉・千葉近郊の外壁塗装・屋根塗装・リフォームのことなら弊社にお任せください。確かな信頼と実績。充実の保証で納得のリフォームを提案致します。

防水工事

タスペーサー

ベランダや屋上に必要不可欠な防水工事

防水工事は、ベランダや屋上等風雨にさらされる場所には必要不可欠な工事です。
こちらでは防水工事についてご紹介します。

なぜ防水工事が必要なのか

防水工事による防水機能には寿命があります。
経年や環境により劣化が進み、徐々に防水機能が衰えてしまいます。
防水機能が衰えると建物の中に水分が侵入し、鉄部の錆びや木部の腐食が発生する恐れがあります。
すると雨漏りに繋がったり、建物自体の傷みが進行してしまいます。
これらのことを防ぐためにも、定期的な点検や、必要であれば新たな防水工事が必要となってきます。

ウレタン塗膜防水-密着工法

ウレタン製の塗料で塗膜を作ることにより防水する方法です。アスファルト防水などと比べ、非常に軽量で戸建て住宅の防水に適しています。また、シート等ではなく塗膜の為継ぎ目がなく、隙間から剥がれや浮き等の防水機能が劣化していく心配もありません。
密着工法は施工部分の下地に直接塗膜を密着させる工法です。

腐ってしまった床板の一部。
腐食部分を除去し、補修します。

防水塗膜を作り、仕上げます。
施工後の様子

ウレタン塗膜防水-絶縁工法(通気緩衝工法)

絶縁工法は、密着工法とは異なり、下地と塗膜の間にシートで密着させない工法です。
下地部分から発生する水蒸気を、脱気筒と呼ばれる部分から逃がすことで、防水層の膨れ等を防ぎます。
面積の広い屋上等に向いています。

絶縁シートと脱気筒の様子
防水塗膜をムラなく作ります。

FRP防水工法

FRPは繊維強化プラスチックのことで、ガラス繊維などの補強材を含んだ繊維強化プラスチックと防水塗料を組み合わせた塗膜防水工法です。
軽量で強度があることが特徴ですが、ウレタン塗膜防水にくらべてやや高価です。また、面積の広い部分への施工には向いていません。

FRPは防水塗膜の色が選べる!

ベランダ等の塗膜防水は灰色のイメージが非常に強いですが、FRP防水は実はカラーが選べます。
常備色6色に加えて、受注生産の標準色15色。
下記画像はあくまでイメージですので、詳しくはお問い合わせください。

グレーだけじゃない!カラーが選べるFRP防水!

防水工事のことなら弊社にご相談ください。

㈱ジャパンライフエイトでは広範囲のシート防水やプールの防水施工など、様々な用途における防水工事の相談等受け付けています。
相談・診断・見積すべて無料ですので、お気軽にお問い合わせください。


▲ページTOPへ戻る