タスペーサー採用の屋根塗装ならジャパンライフエイト!埼玉県 所沢市の外壁塗装業者
ジャパンライフエイト
AGC認定施工店!タスペーサー採用の屋根塗装なら㈱ジャパンライフエイト!東京・埼玉・千葉近郊の外壁塗装・屋根塗装・リフォームのことなら弊社にお任せください。確かな信頼と実績。充実の保証で納得のリフォームを提案致します。

タスペーサー

タスペーサー

タスペーサーとは

タスペーサーとは、屋根塗装施工時に“縁切り”の代わりに使用する部品のことです。
弊社ではストレート屋根(商品名:コロニアルやカラーベスト)の塗装における標準工事に採用しております。
このページでは、タスペーサーの役割やメリット・デメリットに関してお伝えいたします。

タスペーサーの役割-縁切り

もともと屋根材と屋根材の間には水分を逃がすための隙間が空いています。
屋根塗装を行うと、その隙間が塗料によりすべて塞がってしまいます。
従来は塗装によって塞がってしまった部分を、カッターやスキなどを使用して切り開き、隙間を確保していました。
その作業を“縁切り”と呼びます。

タスペーサーはその“縁切り”を不要にする革新的な部品なのです。

タスペーサーの役割-屋根材の隙間の重要性

基本的に屋根は雨水が浸入しにくい構造になっています。
しかし、どうしても強い風雨や湿気等により屋根の中に水分が浸入することがあります。
屋根材間の隙間が塞がっていると、侵入した水分が排出されません。
屋根内で結露が発生した場合も同様です。
放置しておくと、溜まった水分により屋根材がカビたり腐ってしまったり、雨漏りの原因にもつながります。
それらを防ぐために、塗装時には“縁切り”作業は必須です。

タスペーサーは縁切りのデメリットを解決!

“縁切り”作業は、固くなった塗膜を一枚一枚手作業で切っていくために作業に時間と手間がかかっていました。
また、十分配慮していてもカッターの刃等により屋根材を傷つけてしまうことがあります。
塗膜を切ってしまうので、そこから塗膜が剥がれる恐れもあります。
塗料の再密着が起こり隙間を塞いでしまったり、毛細管現象等が起こり水分の逆流が起こるなど問題点が多々あります。
タスペーサーはこれらのデメリットを解決します。

タスペーサーのメリット

タスペーサー 前述した通り、タスペーサーは縁切りのデメリットを解決します。
“縁切り”と比べて作業時間が大幅に短縮されるため、コストダウンを実現します。
また、隙間もやや広く確保される為、毛細管現象による水分の逆流を抑制する効果も期待できます。
もちろん水分の排出もスムーズに行われます。

タスペーサーが使用できない屋根

タスペーサーを使用することができない屋根もあります。

傷みが激しく劣化している屋根

劣化してしまっている屋根にタスペーサーを使用すると、屋根材が割れてしまう恐れがあります。
このような場合にはタスペーサーを使用することはできません。

アスベスト(石綿)の含まれる屋根

アスベスト(石綿)の含まれる屋根材を使用している場合、耐久性に難があります。
上記と同じように、割れのおそれがあるため、タスペーサーを使用できない可能性が高いです。

既に塗装経験のある一部の屋根

過去に当社とは別の業者で屋根塗装をされたことがあり、2回目以降の屋根塗装ということで当社にご依頼頂くお客様もいらっしゃいます。
実際にお客様の屋根の状況を確認させて頂きますと、前回の工事分で縁切りされていない事が判明してしまうケースが少なからずあります。
そのような状態の上に塗装しても隙間を確保できません。
その場合、まず隙間を確保する為に縁切りをしてからタスペーサーを差しこむことになります。

スレート屋根以外のもの

板状のスレート屋根以外にタスペーサーを使用することはできません。

さいごに

いかがでしたか?
タスペーサーの役割やメリットデメリットについてご説明いたしました。

弊社では、タスペーサーをスレート屋根における屋根塗装の標準工事として採用しております。
タスペーサーに関する疑問や質問は、お気軽にお問い合わせください。


▲ページTOPへ戻る