ジャパンライフエイト

屋根材パミールのリフォーム

屋根材パミールのリフォーム

パミールとは

ニチハが1996年から2008年までに製造していたスレート屋根の商品名の一つです。
ノンアスベストスレート屋根材の先駆けで、近年不具合が見つかることの多い屋根材として広く知れわたるようになりました。

パミールでよく見つかる不具合

次のような不具合が出ている場合があります。
層間剥離
層間剥離
屋根材がミルフィーユ状に剥がれる、または反り上がってしまう
クラック(ひび割れ)
クラック(ひび割れ)
通常では考えられない程クラック(ひび割れ)が多い。

そのような状態の屋根には、塗装をおすすめできません。
塗装しても不具合を抑えることが出来ないからです。
また、南側には不具合がなく問題ないと思っていたら、北側だけに不具合が集中していた等、面によって不具合の進行状況が異なる場合もありますので注意が必要です。

パミールのリフォーム方法について

基本的には葺き替えかカバー工法をおすすめしております。
不具合の程度や下地の状況によっては葺き替えとなる場合があります。
葺き替えの場合、屋根材の撤去・処分費用が発生しますのでカバー工法より割高となります。

カバー工法でおすすめの屋根材

ガルバリウム鋼板製屋根材Jルーフ 耐久性の高いガルバリウム鋼板の屋根材をおすすめします。
当社では、ニチハ『横暖ルーフα』、アイジー工業『スーパーガルテクト』など各メーカーの取り扱いがあります。
金属系の屋根は熱を伝えやすいのではないか?と思ってしまう方も多いと思いますが、断熱材や遮熱鋼板によって断熱性を高めている為、熱対策がしっかりととられています。

▼弊社イチ押しのガルバリウム鋼板屋根カバー【Jルーフ】はこちら▼ Jルーフ

最後に

パミール以外にも初期のノンアスベスト屋根材には不具合が多く見つかっています。
『自分の家の屋根はなかなか見れない。』という声をよく頂きますが、何棟か同時期に同じ建築会社で建てられている場合、隣のお家の屋根を見てみるのも一つの判断材料となります。
また、住宅を購入した書類の中に屋根材名が明記されている場合があります。

※ただし、スレート屋根などと書かれ、具体的な屋根材名が明記されてない場合も多いです。
最も確実な方法は、当社にお問い合わせいただければ屋根材、状態確認をさせていただきます。

特にパミールの場合、時間が経過するほど傷みが激しくなってしまいます。
早期診断、早期対策が大切なお家を長持ちさせる上で重要となります。


▲ページTOPへ戻る