-外壁塗装・屋根塗装-塗装に関する専門用語の解説

お問い合わせ電話番号
ホーム > 専門用語集

 塗装に関する専門用語の解説

塗装に関する専門用語の解説

頭文字から専門用語集検索

あ行

アクリル樹脂塗料

アクリル樹脂を主成分とした塗料。安価だが、耐久性に乏しい。

足場

高所での塗装作業をするために、鋼管を組み立てたもの。昔は木材などもあった。

アスファルト防水

アスファルト、アスファルトルーフィングなどを数層重ね合わせて防水層をつくる工法。

アスファルトルーフィング

有機天然繊維を主原料としたフェルト状の原紙にアスファルトを浸透・被覆し、その両面に鉱物質の粉末を付着させたもので、主にアスファルト防水や屋根などに用いられる。防水・防湿材料。

後打ち

塗装を実施した後に、シーリング材を打つこと。シーリング材の上は塗膜がない。

泡かみ

塗料液の攪拌やローラー塗装により泡が塗料に混入し、塗装後の塗膜に泡の跡が残ること。

1種ケレン

素地調整のグレード。一般的にはブラスト処理のこと。「ブラスト処理」で詳細説明。

浮き錆

金属表面の錆が古くなり浮き上がっているもの。

打放しコンクリート

建築物に一切仕上を施さず、コンクリートの型枠をはずした面をそのまま仕上げ面とするもの。

上塗り

塗装の仕上げとして塗る塗料、工程。美観と耐久性を大きく左右する。

ウールローラー

塗装用具。均一な塗膜を作りやすく、現在ある模様がそのまま表面に反映される仕上がりになる。ローラーの表面が羊毛状のもので、塗料や下地の種類・仕上の程度によって短毛・中毛・長毛ローラーを使い分ける。

ウレタン(ポリウレタン)樹脂塗料

ウレタン樹脂を主成分とした塗料。密着性に優れているため、木部、塩ビ、鉄部などによく使用される。価格帯はシリコンとほぼ変わらないが、耐候性ではやや劣る。

エアレス(スプレー)

吹付け塗装のうち、空気を使わず塗料そのものに高圧をかけて、スプレーから噴射して塗装を行う工法。

ALC

軽量気泡コンクリートパネルの略称。

NAD

Non Aqueous Dispersionの略で、非水分散形塗料あるいは非水エマルション塗料とも言われる。水以外の溶媒に分散させた塗料のことで、一般的には塗料用シンナーを溶媒とした塗料を指す。

FRP防水

強度が大きく耐久性に優れたFRP(繊維強化プラスチック)を防水分野に応用した工法。防水層の上にトップコート仕上げを行う露出仕様でも人の歩行が可能。

エフロレッセンス

コンクリート中の可溶性物質やコンクリート周辺に存在する可溶性物質が、水分とともに貫通したひび割れを通ってコンクリート表面に移動し、水分の逸散や空気中の炭酸ガスとの反応によって析出したもの。白い生成物が浮き上がる現象。

エマルジョン樹脂

界面活性剤などを用いて、合成樹脂などを水に乳化、分散させた樹脂。

縁切り

スレート屋根の重なり合った部分が塗料で埋まってしまったときに発生する毛細管現象による雨漏れを防ぐため、専用の道具や部材で隙間を確保する作業。

オイルステイン

屋内外の木部に使用し、塗膜を作らない含浸着色する塗料のこと。着色剤。

ページトップ ページトップ

か行

界面活性剤

水と油のような混ざらないものを、混合させる薬剤。一般的には家庭用中性洗剤などに含まれている。

掻き落し(かきおとし)仕上

左官仕上の一種。モルタルなどの表面が乾く前に金串・こて・ブラシなどで引っ掻き、表面に細かい凹凸のある仕上がりにすること。

可使時間

主剤と硬化剤を混合して使う塗料などで、混合後の作業が可能な時間。ポットライフ。

可塑剤

熱可塑性合成樹脂に加えて塗膜の弾性、柔軟性、耐候性を改良する添加薬品類の総称。可塑とは「柔らかく形を変えやすい」という意味。

活膜

充分な密着性を保っている塗膜。

皮すき(≒スクレーパー)

主に木製の柄に、金属のヘラが付いている道具で、ペンキやシールを剥がしたり、錆をこそぎ落とすのに使用する。剥がし、ケレンの道具。

皮張り

保管中の塗料の液面が乾燥し、膜になること。

顔料

塗膜となる成分。塗料に色を着けたり、塗膜に厚みをもたせたりする水、油、アルコールに不溶のもの。

希釈

濃度を下げるために媒体の量を増加すること。塗装においては塗料を施工しやすい濃度に調整するため水やシンナー等の希釈材を混ぜること。塗料ごとの希釈率はメーカーによって規定がある。

既存塗膜処理

改修工事で既存塗膜が存在する場合、既存塗膜にフクレ、ハガレ等が起きていて新たな塗膜に障害が起こる可能性がある場合に行う、既存塗膜の処理。

凝集物

樹脂の固まりや顔料などが集まり大きな固まり状になったもの。またその沈殿物。

躯体

建築物の構造体。構造躯体とも表現され、建築物の骨組みにあたる最も重要な部分。

躯体処理

建築物の構造耐力上、主要な部分の処理。

クリヤー(塗料)

顔料を含まない透明な塗料

クラック

ひび割れ

ケレン

主に鉄部の汚れや錆を落としたり、旧塗膜を除去する等の下地処理作業。

高圧洗浄

外壁や屋根面に付着した汚れやコケ、旧塗膜を専用洗浄機を使い水で洗い流す作業。

硬化剤

2液型の塗料において、主剤に添加し、反応させることで硬さを増したり、硬化を早めたりさせるための物質。その他さまざまな機能を持たせる硬化剤もある。

コーキング

防水などのため、窓枠の周囲や部材の接ぎ目などのすき間を埋める充填剤。

合成樹脂

人為的に製造された、高分子化合物からなる物質のうち、繊維およびゴムを除いたもの。 外壁・屋根の塗装で現在使用されているものの大半がエポキシ、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などの合成樹脂塗料。

光沢保持率

塗膜は光、屋外暴露、熱、水などの外部からの影響で劣化を起こし、光沢の低下をまねきやすい。このときの安定性を示す尺度として、初期の光沢を100%とした場合、劣化後に何%の光沢を保持しているかの割合をいう。

骨材

セメントや塗料に混合して使用される砂、砂利、砕石などの材料。

コロニアル

石綿スレートの屋根葺き材。本来は商品名であるが、石綿スレートの中で最も普及していることにより、石綿スレートを代表する名称として使われている。

さ行

サイディング

板状の外壁材を胴縁に釘・ビスもしくは金物などの止め具を用いて固定、貼り付けていく外壁材のこと。窯業系・木質系・金属系・プラスチック系などの種類がある。

再乳化

水性塗料において、一度造膜した塗膜が雨水などの水により再び乳化(溶解)すること。

先打ち

シーリング材を充填した後、塗装を行うこと。

砂骨ローラー(マスチックローラー)

塗装用具。ローラー部分が網の目状になっており、粘度の高い塗料を厚みを付けて塗ることができる。外壁面に凹凸模様を作りたいときに使用する。

錆止め塗料

金属が腐食するのを防ぐために金属の表面に塗布する塗料。

3種ケレン

素地調整のグレード。主に手工具を用いて錆を落とす。

(電動)サンダー

木材や金属の研磨・塗装剥がし・錆び落としなどに使用される電動工具。

シート防水

防水工事の工法の一つ。プラスチックや合成ゴム製のシートを、屋根やベランダの下地に貼り付けるもの。

シーラー

塗装の下塗材。既存塗膜と新規塗膜との密着性の向上、下地の吸い込みムラ防止、耐アルカリ性効果、商品によっては下地強化、ヤニの滲み出し抑制等の効果がある。

シール/シーリング材

部材の接合部・目地などに充填するゴム状材。振動やずれなどによる動きを吸収する役割を持つ。

シール充填

シーリング材を目地に充填すること。

下地調整

塗装工事を行うにあたり、洗浄や補修、下塗り等で下地をあらかじめ整える作業。

下塗り

中塗りや上塗りを塗る前に既存塗膜の上に塗る塗料、工程。シーラー、サーフェーサー、プライマー、フィラー等。

死膜

付着性が失われた塗膜。

主剤

2液型の塗料においての主成分。

樹脂

塗料における樹脂とは、塗膜を形成する上で主となる原料。塗膜の寿命は樹脂により左右される。

シリコン樹脂塗料

アクリルシリコン樹脂を主成分とした塗料。ウレタン塗料より耐候性に優れ、塗膜の耐候性を表す「耐候形」ではウレタンが耐候形2種であるのに対し、シリコンは最高の耐候形1種になる。最も一般的に外壁・屋根の塗り替えで使用されている塗料である。

親水性

水に馴染み易い性質。(水接触角低)

シンナー

塗料の粘度を下げるために用いる有機系の混合溶剤の総称。

吸い込みムラ

素地に塗料が局部的に吸収されることにより発生するムラ。

水性塗料

水を溶剤、または分散剤とする塗料。

スクレーパー(≒皮すき)

へら状の刃に柄を付けた工具。表面仕上げの施工をするのに用いられる。

スタッコ

吹付け材の一種で、セメント系、けい酸質系、合成樹脂エマルション系などの厚付けの仕上塗材を外壁表面などに吹き付け、コテやローラーなどで表面に凹凸模様をつける手法。

スラリー層

セメント、砂、骨材、顔料懸濁液の水和硬化層(着色されたセメント材料)のこと。

スレート

粘板岩を薄い板状に加工したもの。しかし天然のものは非常に高価であり、セメント等を成形した人工のスレートが屋根葺き材や外装材として一般的には使用されている。

層間剥離

下塗り、中塗り、上塗りの間など、塗膜層の間で剥離すること。

た行

耐候性

建築材料(プラスチックや塗料など)を屋外で使用する際の耐久性。太陽光・風雨・温度変化などに対し、変質や劣化を起こしにくい性質。

褪色

日光に当たったり、時間の経過などにより色あせること。

抱き足場

単管パイプ(以前は丸太なども使用していた)を使った足場で、1本の支柱の両側に水平材を固定した足場。

多孔質

軽石のように内部に多数の孔(あな)を持つ材質。

タスペーサー

スレート屋根塗り替え時の縁切り作業を適切に行うための部材。

タッチアップ

一度仕上げたところを部分的に修正塗りすること。また、釘頭隠しの拾い塗り。

タレ/ダレ

塗料を塗った時、乾燥までに塗料の層が下方に流れて、厚さの不均等な凸部を生じる現象。

弾性塗料

弾力性のある塗料。

単層弾性

中塗りと上塗りを同じもので塗装する弾性塗料

チョーキング

紫外線・熱・水分・風等により塗装面の表層樹脂が劣化し、塗料の色成分の顔料がチョーク(白墨)のような粉状になって顕われる現象や状態。別名:白亜化

艶引け

艶のある塗膜が艶を失う現象。吸収性の大きい素地等に塗装した場合や高湿度の雰囲気で溶剤系塗料を塗装した場合等に発生しやすい。

低汚染性

親水性の塗膜により、雨が降ると水膜が汚れの下に潜り込んで汚れを洗い流す機能。

添加剤

塗膜となる成分。塗料、塗膜を安定させたり、使いやすくするもの。塗料中の顔料の沈降防止・粘度調整・色分かれ防止・塗膜の柔軟性付与など、いろいろな改質を目的に添加されるもの。

透湿性

塗料内部に気体になった湿気を通して、粒子の大きい水は遮断する機能。

塗装ダメ

仕上がり不良のこと

トタン

亜鉛メッキ鋼鈑のうち、主に建築資材として使われているもの。

トップコート

コーティング材。保護材として仕上げに使われる。外壁の塗料でも使用するものもあるが、屋上やベランダのウレタン防水の防水層によく用いられる。

塗布量

塗料を一定の面積につき、どれだけ使用したかを表す数値。各塗料メーカーが塗料ごとに塗布量の基準を設定しており、適正な膜厚を確保し、塗料性能を充分に発揮できるかの基準になっている。

塗膜

塗料を塗り、乾燥後硬化した状態。

塗料用シンナー

脂肪族炭化水素が主成分。弱溶剤で溶ける塗料の希釈・洗浄に使う。

な行

中塗り

下塗りと上塗り(仕上塗り)の間に塗る塗料、工程。専用の中塗り材を設定している塗料もあるが、多くは中塗りと上塗りは同じ塗料を塗る。

2液型塗料

主剤に硬化剤を混ぜ合わせることで反応する塗料。

2種ケレン

素地調整のグレード。主に電動工具を用いて、既存塗膜、錆を取り除き、錆部分は金属面まで研ぎ出す。

ニス

木材などの材料の表面を保護するために用いられる塗料の一種で、透明で硬い上塗り材。

乳化

液体中に溶液状樹脂微粒子を安定的に分散させること。水中に液状樹脂粒子を乳化させたものをエマルション(エマルジョン)という。

は行

バインダー樹脂

塗料の主成分であり、塗料中の骨材や顔料を塗膜中に固定し、塗膜を形成するための材料。

暴露試験

塗料の耐候性を評価する試験方法。大気環境下で行う大気暴露試験と、室内の試験機により行う促進暴露試験がある。

ハジキ

塗料が被塗面に均一にぬれ広がらないで、ところどころに大きな穴または、へこみ模様が生じる現象。

肌合わせ

防音工事で入れ替えたサッシ廻りと壁のつなぎ目を目立たないように塗装すること。

白化

ラッカー塗料などの速乾性の高い塗料で塗装した際に時間の経過とともに塗装面が白く濁る現象。

白華

コンクリートやモルタル内に水が浸入し、溶出した石灰分などが表面に白く浮き出る現象。

バックアップ材

目地に設けるシーリング材の3面接着の回避、充填深さの調整、目地底の形成を目的として、シーリングを施す目地底に設ける副資材。

斫り(はつり)

建設現場でコンクリートで作られた壁や土間などの構造物を壊したり、形を整えるために表面を鑿で削ったりすること。人力によって行われる規模の作業を表すことが多い。

パテ

塗装の下地処理や部材の隙間につめて凹を埋めたり、雨水の侵入等を防ぐなどに使用する硬いペースト状の充填材。

ピーリング現象

塗膜をひっかいたときにシールを剥がすように塗膜が連続して剥がれる現象。

光触媒塗装

酸化チタンの光触媒作用を利用して、太陽光により油のような有機質の汚れを分解する塗料。

Vカット

コンクリートの壁などの表面に、1~1.5センチ程度の幅と深さで、V型に切り込みを入れること。コンクリート壁の表面に、クラックが入ったときの補修方法。

VOC

Volatile Organic Compoundsの略で、揮発性有機化合物のこと。揮発性があり、大気中で気体状になる有機化合物の総称。

フィラー

塗装の下塗材。下地の面調整(段差など)や巣穴を埋めたり、仕上げ塗材を仕上げに適する状態にするために使用する。

吹き継ぎムラ

塗料や吹付材をスプレー塗装したときに吹き重なったところの塗膜が厚くなることにより塗装ムラが発生すること。

吹付タイル

外壁仕上用の厚塗りの吹付材。3層で厚さ1~5㎜程度の凹凸模様などに仕上げるもの。

吹き付け塗装

塗料を専用の器具で霧状にして吹き付ける塗装方法。

複層弾性

中塗り(主材)と上塗りを別の塗料で塗装する弾性塗料。

フクレ

塗膜形成後、塗膜中に水分等が浸入して発生する塗膜の浮き現象。

付着試験

塗膜の付着強度を測る試験。JISにおいてはクロスカット法(碁盤目試験)とプルオフ法(アドヒージョン試験など)がある。

フッ素樹脂塗料

フッ素樹脂を主成分とした塗料。他の樹脂系と比べ、耐候性、耐薬品性、耐溶剤性、耐熱性、撥水性などがずば抜けて優れている。塗料の最高グレードに位置している。

プライマー

塗装の下塗材。Primary(最初の)に由来する用語。最初に塗る塗料、つまり素地に直接塗布する塗料を指し、塗膜の付着性を良くするもの。

ブラスト処理

金属表面に珪砂等のような粒子を高速度で吹き付け、金属表面の錆や塗膜を落とす処理。

ブラッシング

白化。

ブリード

にじみ。塗料を塗り重ねた時、下塗りの色やシーリング材の可塑剤が上塗り塗膜に滲み出て汚したり変色したりする現象。

ヘアークラック

ヘアー(髪の毛)サイズの線が入る程度の細かいひび割れ。

ヘッド押さえ(ヘッドカット)

外壁にスタッコや吹付タイルなどの模様塗りを行った直後、乾燥前に模様の凸部をローラーやコテなどでおさえたりサンダーでカットするなどして頂上部分を平らにする模様仕上処理。

ペーパー

紙やすり、研磨紙。ケレンに使用する。

防腐剤

微生物の侵入・発育・増殖を防止して、腐敗・発酵が起こらないようにする、「静菌作用」を目的として使われる薬剤。

ま行

マスカー

マスキングテープと養生シートが一緒になったもの。

マスキングテープ

塗装やコーキングなどがはみ出して作業箇所以外を汚さないようにするために貼る、保護用の粘着テープ。養生資材。

無機系塗料

有機物を含まず、無機物をバインダー樹脂に使用した塗料の総称。

目地

建築物や土木構造物において、少し間隔を空けた部材間の隙間・継ぎ目の部分。

目地底

建物の壁面の動きを緩和したり、意匠的に作られる収縮目地の底の部分。

モニエル瓦

瓦表面にガラス質の釉薬を塗装したセメント系の瓦。

モルタル

セメントと砂を混ぜて水で練ったもの。

や行

Uカット

コンクリート壁の表面に、クラックが入ったときの補修方法。Vカットは底を尖らせるが、Uカットは電動工具(ダイヤモンドカッター等)を使い、底を曲面状にする。

窯業系サイディング

セメント質と繊維質を主な原料にして、板状に形成したもの。現在戸建て外壁材の主流。

溶剤

物質を溶解し、流動性を与えるために用いる液体物質。塗料においては水を溶剤とするものを水性塗料、シンナーを溶剤とするものを油性塗料というが、油性塗料のことを溶剤系塗料と呼ぶことがある。

養生

塗装の際、塗料が付着してしまわないようにビニールやテープなどで保護する作業。

4種ケレン

素地調整のグレード。あまり錆がない部分のケレン。汚れを落とす程度。ほうきなどで清掃する。

ら行

ラッカー

ニトロセルロースを主成分とする揮発性塗料。

ラッカーシンナー

芳香族炭化水素系やエステル、ケトンが主成分。ラッカー系塗料を希釈・洗浄するために使う。

リシン

外壁仕上用の塗装材。アクリル、顔料、骨材を混ぜ合わせたもの。砂状の質感。

リフティング(チヂミ)

下塗りの膨潤などにより塗膜に皺ができること。

わ行

ワイヤーブラシ

金属で作られたブラシ。錆び落としや塗装剥がしなどの研磨作業に使う。

ワレ

塗膜中の樹脂の劣化や基材の動きにより塗膜に現れる部分的な切断。

お問い合わせフォーム

メールでのお問い合わせ

こちらをクリック